銀の匙の漫画をスマホで無料試し読み初心者クロスバイク入門、★被リンクウォルマートカードセゾンソロツーリング 旅 国内 海外 

世界各国の世界遺産&リゾート&人気観光スポット

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・ソールズベリ 世界遺産「ストーンヘンジ」

先史時代のミステリースポット
「ストーンヘンジ」
ソールズベリの北約15km、ロンドンからは西に400km、なだらかな平原に出現するストーンヘンジ。

ストーンヘンジは、世界的にも重要な先史時代の遺跡です。

いつ、誰が、何の目的で、どのように築造し、そしてなぜ廃墟と化したのか?

世界が注目する太古の謎は考古学研究によって徐々に解明されつつあります。



考古学者はこの直立巨石が紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと考えています。

しかしそれを囲む土塁と堀は紀元前3100年頃まで遡ると言います。

馬蹄形に配置された高さ7mほどの巨大な門の形の組石(トリリトン)5組を中心に、

直径約100mの円形に高さ4-5mの30個の立石(メンヒル)が配置されています。

夏至の日に、ヒール・ストーンと呼ばれる高さ6mの玄武岩と、中心にある祭壇石を結ぶ直線上に

太陽が昇ることから、設計者には天文学の高い知識があったのではないかと考えられています。

また、当時としては高度な技術が使われており、倒れないよう安定させるため

石と石の間には凹凸があるようです。



ミステリーその1
どうやって石を運んできたのか?


最大で50tにもなるサーセン・ストーンは、ストーンヘンジから30kmほど離れた場所にあるマルバラーの丘から持ち運ばれたもの。

ひとつ約4tながら82個はあったと見られるブルー・ストーンにいたっては、なんと250kmも離れたウェールズのプレセリの丘から運送されたと考えられています。


ミステリーその2
なぜ円形をしているのか?


ストーンヘンジは、まず円形に囲われた土手の中に、30もの巨大なサーセン・ストーンが直径30mほどのサークル状に立てられています。

この列石柱の上には横石が乗り、いまは崩れてしまったが、かつては円形につなげられていました。


ミステリーその3
誰が作ったのか?


考古学的には紀元前約3000年頃、新石器時代のブリテン諸島で暮らしていたのはウィンドミル・ヒル人。

彼らは半遊牧の生活をしていました。

ストーンヘンジとほぼ同時代に140以上ものストーンサークルが作られているという理由からスコットランドの先住民族ピクト人が巨石文明を築いたのではないかと考える人もいるようですが、彼らもまたその多くはヴェールに包まれたままです。


宇宙との交信説
円形のストーンヘンジから東から約42度の北東方向にヒールストーンは位置しています。

夏至の日の出時このヒールストーンと太陽がかさなり、ヒールストーンの影がストーンヘンジの中心に届きます。

何のために影が届くように計算されてつくられているかは、不明ですが、科学者の間では宇宙人の目印という説やいや宇宙の観測と言う説、自然のパワーがということもあります。


治療場説
1964年以来となる大規模な発掘調査が2週間に渡って行われた結果(‘08年4月)、発掘に加わった科学者たちは、ストーンヘンジのブルーストーンがヒーリングの石としてあがめられていた可能性を示しました

そして同様に、イギリス・ボーンマス大学の考古学者たちもまた、ストーンヘンジの遺跡が、石にヒーリング効果があると信じた人々が訪れる巡礼の地であったという説を公表しています。

主な根拠として挙げられたのは、ストーンヘンジ周辺に埋葬された遺体の多くに外傷や奇形の兆候が見られたことです。


古代の天文計算機説
ストーンヘンジ建造時期の計算
ストーンヘンジ中心からアプローチ軸線にあるヒール・ストーン(立石)を結ぶ方向が、古代に正確な夏至の日の出方向であったと仮定して、地球の歳差運動によるずれを天文学的に計算して建造時期を推定して見せた最初の人がロッキャー(天文学者)であった。BC1680年±200年とはじきだした。

ホーキンズ(天文学者)は当時最新鋭の電子計算機IBM7090を使って、さまざまな計算をやって見せた。

ストーンヘンジが太陽の運行を観測する古代人の天文台だっだことを証明したのです。


こんな謎だらけの「ストーンヘンジ」にいけば宇宙人に会えるかも?!

是非「ストーンヘンジ」に足を運んでみてください。



次回は「欧州最大のストーンサークル」をご紹介。
次回お楽しみに。
スポンサーサイト

| イギリス | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://worldheritageresort.blog.fc2.com/tb.php/36-a405fd88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。