銀の匙の漫画をスマホで無料試し読み初心者クロスバイク入門、★被リンクウォルマートカードセゾンソロツーリング 旅 国内 海外 

世界各国の世界遺産&リゾート&人気観光スポット

2014年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イギリス必見スポットTOP10 第1位から第5位

イギリス必見スポットTOP10の第1位から第5位をご紹介。

第5位
「ローマン・バス」

イギリスで唯一温泉が湧き「バス(お風呂)」の起源にもなった場所。

ローマンバスの詳細はコチラのブログ記事↓
http://worldheritageresort.blog.fc2.com/blog-entry-38.html



第4位
「湖水地方の風景」

世界で景観は数あれど「どこよりも絵画的で美しい」と賞賛する声もあります。

湖水地方の詳細はコチラのブログ記事↓
http://worldheritageresort.blog.fc2.com/blog-entry-41.html



第3位
「コッツウォルズの街並み」

イギリス人も憧れるカントリーサイド。はちみつ色の家が並ぶ「世界で最も美しい村」。

コッツウォルズの詳細はコチラのブログ記事↓
http://worldheritageresort.blog.fc2.com/blog-entry-33.html



第2位
「国会議事堂(ビッグベン)」

ロンドンのいちばんのランドマークといえばこれ。

ビックベンの詳細はコチラのブログ記事↓
http://worldheritageresort.blog.fc2.com/blog-entry-21.html



第1位
「バッキンガム宮殿」

エリザベス女王の住まい。衛兵の交代式は必見。

バッキンガム宮殿を含むおすすめ定番コースのブログ記事↓
http://worldheritageresort.blog.fc2.com/blog-entry-25.html


イギリスに行かれた際には第1位から第10位までの観光スポットはマストです。
是非是非行ってみてください。




















次回お楽しみに。
スポンサーサイト

| イギリス | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス 必見スポットランキング 第6位から第10位

今回と次回でイギリス必見スポットランキングTOP10

今回は第6位から第10位をご紹介。

第10位
「ロンドン塔」

ロンドン塔の詳細ブログ↓
ロンドン塔


第9位
「ストーンヘンジ」

ストーンヘンジの詳細ブログ↓
ストーンヘンジ


第8位
「ネス湖」

ネッシーに会えるかも?!



第7位
「エディンバラ城」

エディンバラ城の詳細ブログ↓
エディンバラ城


第6位
「カンタベリー大聖堂」

カンタベリー大聖堂の詳細ブログ↓
カンタベリー大聖堂



次回は第1位から第5位をご紹介。
次回お楽しみに。

| イギリス | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・スコットランド 世界遺産「オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地」

5000年の歴史を持つ巨岩遺跡の島々
紀元前3800年ごろの住居跡やリング・オブ・フロガーなどの巨岩遺跡など先史時代の遺跡が多く残る。

スコットランドの北に位置する大小70もの島々。

「オークニー諸島」



リング・オブ・フロガー





スカラ・ブレイ





メイズハウ



古代スカンジナビア人の影響を受けた北欧のような街並みも魅力的な「オークニー諸島」にあしを運んでみてはいかがですか。


次回お楽しみに。

| イギリス | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・エディンバラ 世界遺産「エディンバラの旧市街群と新市街郡」

よろしければ応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


風情あふれるスコットランドの首都
「エディンバラ」

エディンバラってどんな街?

「エディンバラ」とは"斜面に建つ要塞"という意味。

城の麓の街は破壊と再建を繰り返しながら発展を続け、ひしめき合うようにして建つ石造りの家と石畳の道が入り組んだ街並みを作り上げた。これが現在の「オールド・タウン」です。

「オールド・タウン」



平和な時代が訪れた18世紀後半に、谷を挟んだ城の北側に計画的に作られた。これが現在の「ニュー・タウン」です。

「ニュー・タウン」


「オールド・タウン」と「ニュー・タウン」という2つの異なる個性が同時に楽しめる街は、その対比の美しさと歴史が高く評価された街です。

世界中から観光客が訪れるところです。

エディンバラの歩き方

まずはウェイブリー駅前の案内所からスタートです。

エディンバラ城をめざしながら、作家スコット卿を讃えるスコット・モニュメントへ。

「スコット・モニュメント」

エディンバラの素晴らしい眺めが一望できます

「スコット・モニュメント」の向かいにある"スコットランドのハロッズ"ジェンナーズを覗いてみましょう。

「ジェンナーズ」


ショッピングを楽しんだ後は、西へ進み左に曲がりエディンバラ城へ。

「エディンバラ城」



城内には400年にわたるスコットランドの戦争の歴史を紹介した戦争博物館もあります。

城を一周し街を一望した後は、ロイヤル・マイルを通り、聖ジャイルズ大聖堂へ。

「ロイヤル・マイル」

エディンバラは道も絵になります。

「聖ジャイルズ大聖堂」

ロイヤル・マイルのシンボル。エディンバラ最大の大聖堂。


オールド・タウンを散策し、ロイヤル・マイルのつきあたりにあるホーリールード宮殿へ。

「ホーリールード宮殿」

ロイヤル・ファミリーの住居。現在も女王のスコットランド来訪時には住居として使われています。


ロイヤル・ファミリーの住居を散策した後は、ウェイブリー駅まで戻り国立スコットランド美術館へ。

「国立スコットランド美術館」

コレクションの充実度はスコットランド随一です。

スコットランド文化独特の世界観に触れた後は、夕暮れ時を狙いカールトン・ヒルへ。

「カールトン・ヒル」

頂上からは絶景が楽しめます。

ショッピングを楽しみたい方はさらに1日プラスして、ジョージアン様式が美しいニュー・タウンでショッピング三昧。

夏にエディンバラに行かれる方は夏の風物詩「ミリタリー・タトゥー」がおすすめです。

「ミリタリー・タトゥー」はスコットランド最大のフェスティバルです。

是非世界遺産の街・エディンバラに行かれてみるのはいかがですか?



次回お楽しみに。

| イギリス | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海外旅行で使える英会話 お決まりフレーズ

前回に続き海外旅行で使える英会話をご紹介。

写真を撮りたい時、予約をしたい時など相手に許可をもらうときのお決まりフレーズ。

~してもいいですか?
Can I ~?

写真を撮る
take a picture

これを試着する
try this on

メニューをもらう
see a menu

予約する
book a table

注文をキャンセルする
cancel my order

クレジットカードを使う
use a credit card

~の部分にいれて使ってみてください。


ショッピング中に探し物が見つからないときお店の人にたずねる

~はありますか?

Do you have~?

日本の新聞
a Japanese newspaper


medicines

絵葉書
postcards

~の部分にいろいろいれて使ってみてください。

イギリスではDo you have~?よりHave you got~?を使うようです。

丁寧に相手に伝えたい時
~してくれませんか?
Could you ~?


助ける
help me

もう一度言う
say that again

ゆっくり言う
speak more slowly

タクシーを呼ぶ
call me a taxi

道を教える
show me the way

例)~駅の行き方を教えてくれませんか?
Could you show me the way to get to the ~ Station?
Could you tell me how to get to the ~Station?

医者を呼ぶ
call for a doctor


是非海外旅行に行かれた際には上記のフレーズを覚えて現地で使ってみてください。



次回お楽しみに。

| お得情報 | 14:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海外旅行で使える英会話

英語がしゃべれることで海外旅行の楽しさも倍増するはず。

旅の様々なシーンで役にたつ英会話をご紹介。

入国時
ちゃんと受け答えしないと入国までに時間がかかる場合もあります。

旅行の目的はなんですか?
What's the purpose of your visit(stay)?

観光です。
Sightseeing.

滞在は何日ですか?
How long are you going to stay in ~?

7日間です。
For about 7 days.

イギリスに旅行に行かれる方は覚えておいたほうがいいかもしれません。


「空港」
空港では様々なトラブルにあったり、両替をしたりします。

荷物の受け取りはどこですか?
Where can I get my baggage?

私の荷物が見つかりません。
My baggage is missing.

荷物が壊れています。
My baggage is damaged.

両替所はどこですか?
Where can I change my money?

1万円をポンドに替えてください。
Exchange 10 thousand yen into pounds,please.


「交通」
バスや電車に乗るときに覚えておきたいフレーズ。

~行きのバス乗り場はどこですか?
Where is the bus stop for ~?

このバスは~に行きますか?
Does this bus go to ~?

~に着いたら教えてくれますか?
Could tell me when we arrive at ~?

何時に出発しますか?
What time are we leaving?

ちょっとしたトラブルや自由時間を有意義に過ごすには英語がしゃべれることです。

ホテルの近くのパブに行ったりしてその国の人と触れ合うのも旅行の醍醐味ではないでしょうか。



おすすめオンライン英会話
ECC



DMM.com




次回お楽しみに。

| お得情報 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・湖水地方 「ピーター・ラビット」など多くの作家を魅了した湖水地方

よろしければ応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


詩人や作家も魅了された世界屈指の水辺の風景が楽しめる
「湖水地方」

湖水地方ってどんなところ?

湖水地方は16の大きな湖と小さな無数の湖が点在するカンブリア地方の国立公園。

湖は氷河の侵食で生まれたもので、水と緑が織り成す息をのむような美しい景観に出会えるので世界中から訪れる人が絶えない人気のリゾートエリア。

湖水地方の歩き方

まずは湖水地方最大の街「ウィンダミア」で過ごす。

「ウィンダミア」


ウィンダミア湖


クルーズもできます。


湖を南下していき「レイクサイド&ハーヴァースウェイト鉄道」へ。

「レイクサイド&ハーヴァーストウェイト鉄道」

レトロな蒸気機関車

その後A592で「ボウネス」の北に車を走らせ、「アンブルサイド」へ。

エリアきっての個性的な街
「アンブルサイド」


「アンブルサイド」から南下して「ホークスヘッド」へ。

ワーズワースが少年時代を過ごした街
「ホークスヘッド」


次は再び「アンブルサイド」に戻り、A591を北上し「グラスミア」へ。


きらめく湖と緑の丘が広がる街
「グラスミア」




グラスミア観光後は、さらにA592を北上して「ケズウィック」へ。

趣ある街並みと湖畔の絶景が魅力
「ケズウィック」


ケズウィックの街並み


このルートを回るには最低でも2日。各街で観光スポットを訪れたり田舎道のウォーキングを楽しむなら4日は取りたいところです。

湖水地方の良さを堪能するためにも4日がおすすめ。

是非是非湖水地方に行ってみてはいかがですか。



次回は海外旅行で使える英会話をご紹介。
次回お楽しみに。

| イギリス | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・ダラム 世界遺産「ダラム大聖堂&ダラム城」

よろしければ応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


世界遺産の大聖堂がある荘厳な雰囲気の聖地「ダラム」

ダラムってどんな街?

ダラムは「大聖堂と城の街」として知られるイギリス人にも人気の古都

11世紀に建立された"イギリスで最も美しいノルマン大聖堂"ダラム大聖堂とダラム城がそびえ立ちます。

現在は大学の街になっています。

「ダラム大聖堂」


ダラム大聖堂は「ハリー・ポッターと賢者の石」の魔法学校ホグワーツの撮影ロケ地のひとつです。






アーケード型の天井とステンドグラスの美しいさは必見。


「ダラム城」
プリンス・ビショップの居城
イングランド北部で最も規模の大きい中世の要塞のひとつ。



夜のダラム城


ダラム大聖堂&ダラム城


ロンドン King's Cross駅からDurham駅まで電車で約2時間40分。

ダラムを訪れる人を魅了するのはこの街が持つ聖地ならではの独特の宗教的雰囲気にほかなりません。

そんなダラムに遊びに行ってみるのはいかがですか。



次回お楽しみに。

| イギリス | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・リヴァプール 世界遺産「海港商業都市リヴァプール」 ビートルズ、サッカーの街

よろしければ応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

ビートルズを生んだイギリス最大級の港町

「海港商業都市リヴァプール」



リヴァプールってどんな街?

マージーサイド州の州都であるリヴァプールは産業革命時代、世界各国との交易で栄えたイギリス屈指の港町。

ビートルズの登場で再び注目を集める都市になり、世界中からビートルズ・ファンが訪れる観光地として名を馳せている。

市内で最も美しい景観を誇るアルバート・ドックをはじめビートルズ関連スポット以外の見どころも十分。

リヴァプールのオススメ観光スポット

リヴァプール観光の目玉スポットはライム・ストリート駅周辺とマージー川沿いの港である

アルバート・ドック周辺、その中間に位置するマシュー・ストリート周辺に集中しています。

「アルバート・ドック」





ビートルズ・ストーリー

マシュー・ストリート周辺
マシュー・ストリートはビートルズ観光のハイライト。

ビートルズゆかりのモニュメントやショップ、ビートルズがかつて演奏したり、足繁く通っていたパブなどが軒を連ねる。

「キャヴァーン・クラブ」

ビートルズがデビューした場所。週末はディスコとしても人気。

ライム・ストリート駅周辺

「ウォーカー美術館」

幅広い絵画コレクションは必見

「リヴァプール世界博物館」

自然科学と人類学の宝庫

「メトロポリタン大聖堂」

近未来的なデザインの大聖堂


16角形の内観や照明効果など従来の教会のイメージを覆す仕掛けは必見


ビートルズ・ファンのみならずサッカー・ファンも1度は訪れたい都市リヴァプール。
是非足を運んでみてください。



次回お楽しみに。

| イギリス | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・バース 世界遺産「バース市街」

よろしければ応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

優雅な街並みが美しい1世紀から続く「温泉の沸く街」

「バース」




バースの歩き方

風呂(Bath)の由来にもなった街。

18世紀になると上流階級の保養地として発展しました。

ジョン・ウッド親子が手がけたジョージ王朝様式の建物が多く残されており、その美しさで世界遺産にも登録されています。

まずはバース・スパ駅からローマンバスとその温泉水が飲めるポンプ・ルームへ。

すぐそばにあるサーメ・バース・スパにも立ち寄りたいところ。

「ローマン・バス」


現在も毎日110万リットルを越すお湯が湧き出ています。

ポンプ・ルーム


「バース寺院」


キリストの生涯を描いたステンドグラスも必見


ゆるやかな坂を北へ進んでアンティークの店が多いBroad St.やバートレット・ストリートへ。

付近のアッセンブリー・ルームと服飾美術館はバースの街の歴史がわかる重要なポイントです。

「アッセンブリー・ルームと服飾美術館」



最後は建物が半円状に連なる壮麗なロイヤル・クレッセントでその建築美を堪能しましょう。

「ナンバー・ワン・ロイヤル・クレッセント」

公園から全体を眺められます。

ロンドンからも電車で約1時間30分と日帰りも可能ですので、是非「バース」に足を運んでみてはいかがですか。



次回お楽しみに。


| イギリス | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・ソールズベリー 世界遺産「エヴベリー」

欧州最大のストーンサークル

「エヴベリー」



ストーンヘンジの北方約28kmに位置する世界遺産に登録された巨石群遺跡。

銅器時代初期に造られた岩のモニュメントが村を囲む景色は壮観。





村内のアレクサンダー・カイラー博物館では発掘に関する展示が見られます。


ソールズベリの観光スポットをご紹介。

「ソールズベリ大聖堂」


街のどこからでも見える尖塔

英国屈指のゴシック建築。


「モンペッソン・ハウス」


ジェーン・オースティンの世界

映画「いつか晴れた日に」の撮影に使われた優雅なアン女王時代の町屋敷。


ソールズベリは小さな街で物価もそれほど高くなく、田舎らしい、のんびりとした雰囲気の街です。

イギリスを1周したいなとお考えの方にはおすすめの街です。



次回はBath、お風呂の起源にもなった世界遺産の街をご紹介。
次回お楽しみに。

| イギリス | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・ソールズベリ 世界遺産「ストーンヘンジ」

先史時代のミステリースポット
「ストーンヘンジ」
ソールズベリの北約15km、ロンドンからは西に400km、なだらかな平原に出現するストーンヘンジ。

ストーンヘンジは、世界的にも重要な先史時代の遺跡です。

いつ、誰が、何の目的で、どのように築造し、そしてなぜ廃墟と化したのか?

世界が注目する太古の謎は考古学研究によって徐々に解明されつつあります。



考古学者はこの直立巨石が紀元前2500年から紀元前2000年の間に立てられたと考えています。

しかしそれを囲む土塁と堀は紀元前3100年頃まで遡ると言います。

馬蹄形に配置された高さ7mほどの巨大な門の形の組石(トリリトン)5組を中心に、

直径約100mの円形に高さ4-5mの30個の立石(メンヒル)が配置されています。

夏至の日に、ヒール・ストーンと呼ばれる高さ6mの玄武岩と、中心にある祭壇石を結ぶ直線上に

太陽が昇ることから、設計者には天文学の高い知識があったのではないかと考えられています。

また、当時としては高度な技術が使われており、倒れないよう安定させるため

石と石の間には凹凸があるようです。



ミステリーその1
どうやって石を運んできたのか?


最大で50tにもなるサーセン・ストーンは、ストーンヘンジから30kmほど離れた場所にあるマルバラーの丘から持ち運ばれたもの。

ひとつ約4tながら82個はあったと見られるブルー・ストーンにいたっては、なんと250kmも離れたウェールズのプレセリの丘から運送されたと考えられています。


ミステリーその2
なぜ円形をしているのか?


ストーンヘンジは、まず円形に囲われた土手の中に、30もの巨大なサーセン・ストーンが直径30mほどのサークル状に立てられています。

この列石柱の上には横石が乗り、いまは崩れてしまったが、かつては円形につなげられていました。


ミステリーその3
誰が作ったのか?


考古学的には紀元前約3000年頃、新石器時代のブリテン諸島で暮らしていたのはウィンドミル・ヒル人。

彼らは半遊牧の生活をしていました。

ストーンヘンジとほぼ同時代に140以上ものストーンサークルが作られているという理由からスコットランドの先住民族ピクト人が巨石文明を築いたのではないかと考える人もいるようですが、彼らもまたその多くはヴェールに包まれたままです。


宇宙との交信説
円形のストーンヘンジから東から約42度の北東方向にヒールストーンは位置しています。

夏至の日の出時このヒールストーンと太陽がかさなり、ヒールストーンの影がストーンヘンジの中心に届きます。

何のために影が届くように計算されてつくられているかは、不明ですが、科学者の間では宇宙人の目印という説やいや宇宙の観測と言う説、自然のパワーがということもあります。


治療場説
1964年以来となる大規模な発掘調査が2週間に渡って行われた結果(‘08年4月)、発掘に加わった科学者たちは、ストーンヘンジのブルーストーンがヒーリングの石としてあがめられていた可能性を示しました

そして同様に、イギリス・ボーンマス大学の考古学者たちもまた、ストーンヘンジの遺跡が、石にヒーリング効果があると信じた人々が訪れる巡礼の地であったという説を公表しています。

主な根拠として挙げられたのは、ストーンヘンジ周辺に埋葬された遺体の多くに外傷や奇形の兆候が見られたことです。


古代の天文計算機説
ストーンヘンジ建造時期の計算
ストーンヘンジ中心からアプローチ軸線にあるヒール・ストーン(立石)を結ぶ方向が、古代に正確な夏至の日の出方向であったと仮定して、地球の歳差運動によるずれを天文学的に計算して建造時期を推定して見せた最初の人がロッキャー(天文学者)であった。BC1680年±200年とはじきだした。

ホーキンズ(天文学者)は当時最新鋭の電子計算機IBM7090を使って、さまざまな計算をやって見せた。

ストーンヘンジが太陽の運行を観測する古代人の天文台だっだことを証明したのです。


こんな謎だらけの「ストーンヘンジ」にいけば宇宙人に会えるかも?!

是非「ストーンヘンジ」に足を運んでみてください。



次回は「欧州最大のストーンサークル」をご紹介。
次回お楽しみに。

| イギリス | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イギリス・カンタベリー 世界遺産「聖アウグスティヌス」

よろしければ応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

イギリスにおけるキリスト教の始点

「聖アウグスティヌス修道院跡」

イングランドで最も古い修道院のひとつでカンタベリーの聖地としてのはじまりであるとともに、

カンタベリー大聖堂の基礎にもなりました。



廃墟の中に見える修道院の祭壇




世界遺産ではありませんがカンタベリー市街からバスで25分にある村を紹介
「チラム村(Chilham Village)」

中世の時代にタイムスリップ

領主の邸の周りに家々が集まる荘園の形を今もそのまま残し、中世の時代そのままの趣。

歴史の面からも貴重な村となっています。

邸の周りには、ジャコビアン様式やチューダー様式の家々に今も人々が住み、

一部はアンティークショップ、ギフトショップ、パブに。

チラム村の家




チラム村の教会



是非是非カンタベリーの世界遺産をみてチラム村まで足を運んでみていただければと思います。



英語がしゃべれると旅行が倍以上楽しめます






海外旅行には必携



次回もイギリスの世界遺産をご紹介。
次回お楽しみに。

| イギリス | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。